HIKINO MAHO--blog




 
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<<   | main | 「不在が存在する」 >>

堀尾貞治さんとのこと

偉大なアーティスト、私の尊敬する人のひとり、堀尾貞治さんが永眠されました。

ご家族や親交の深かった方々のご心痛、お察しするにも余りあるものと思います。

お別れに行けず、心から残念です。

突然の訃報で、思いを整理することができません。

ここに私と堀尾さんとの思い出を書かせてください。


____


2007年に大阪の靱公園近くにあったAD&Aギャラリーで、初めての個展をさせていただいた。その展示に、堀尾貞治さんがフラッと立ち寄ってくださった。恥ずかしながらその時の私は、その人が堀尾貞治さんだということおろか、堀尾貞治という名前すらも知らなかった。

初めての個展といっても、当時私は大学4年生、それまでの展示は校内や学校関連のイベントでやったものばかりで、まだアーティストとも名乗れなかったし、本当に駆け出しだった。


展示した作品は『Drawing Piano』、会場にアップライトピアノを置き、観客が弾いたピアノの音に反応して映像を流れるという、インタラクティブなインスタレーションだった。展示内容からしても、私の知名度ゼロからしても、ギャラリーの客層からしても、知り合い以外で年配の方が立ち寄ってくださること自体とても珍しかったので、不躾ながら、堀尾さんに「よく展示を見に来られるんですか?」などと話しかけた。

堀尾さんはそんな私にムッとするでも偉ぶるでもなく、自分も作品を作っていて、年に100回くらい展覧会をするんですと言って次の展示の案内ハガキを下さった。

それから私の、きっと意味不明な作品解説に丁寧に耳を傾けてくださり、ピアノを鳴らして、映像に歓声をあげてくださった。その楽しそうな表情は、今もよく覚えています。


後日堀尾さんから、会場の様子の絵と「(作品に)とても驚きました」という言葉を書いたハガキが届き、すごくすごく嬉しくて、そのあと数回はがきのやりとりをした。でもその時も、堀尾貞治がどういうアーティストであるかということは分かっていなかった。単純に励みをくれる存在だった。


その半年後に私は進学で上京し、その後東京で就職したのち、制作のためにNYに渡米したので、堀尾さんとは徐々に疎遠になってしまった。



話は少し戻って、2006年(堀尾さんと出会う1年前)に、東京の近代美術館で吉原治良の絵画に出会い、私は初めて、絵を見て泣く、という体験をした。当時20歳の私にとって、それは「雷に打たれたような」衝撃だった。

これまで、子供の頃から感じてきた、常に満たされない鬱々とした思いが、自由になりたいという渇望であったこと、それは私だけが感じていたものではないということ、その叫びを絵で表現できる人がいるということ。

今日の私を、最初にこの道にいざなったのは、具体の、吉原治良の絵画だった。




私がNYに住んでいた2013年に、グッゲンハイム美術館で「GUTAI」の大きな展覧会が開かれた。NYでアーティストとして試行錯誤する中で、道を失いかけていた私にとっては、私のルーツとも言える「GUTAI」の展覧会が、このタイミングでNYで行われることは、運命的なものに感じられた。

そしてそこには「Sadaharu Horio」の名前があった。



2015年に日本に帰ってきて、私の地元の兵庫県川西市で行われるアートビエンナーレに参加することになった。関西での展示は、前述の2007年の初個展以来、8年ぶりだった。

そのとき知り合った友井隆之さんの忘年会に呼んでいただき、その忘年会場になんと堀尾さんがいらっしゃった。実は友井さんは、堀尾さんと活動を共にする親交の深い方だった。

まさかこんな形で、堀尾さんとの縁がまた繋がってくれるとは思ってもみなかった。これまでやってきたことが、一本の線でスッと結ばれていくような、不思議な感じがした。

私は何も持っていないように思っていたけど、最初から恵まれていたことを知った。



翌年2016年に兵庫県立美術館で展覧会を行うこととなり、堀尾さんにダメ元で、でも大きな期待を込めて案内を差し上げた。堀尾さんは、翌日から展示のためにドイツ行きというハードスケジュールの中、会場に来てくださって、最後に「面白い展示でした」と強い握手をしてくださった。




最後にやりとりができたのは、今年の6月に東京都美術館で展示をする際、遠方なのでいらっしゃれないことは承知の上で、でも私がこの展示をできることの感謝を申し上げたくて、手紙と展覧会チラシを送った。

堀尾さんが、私の話を聞いてくれたこと、驚いて・喜んで・面白がってくれたこと、私の作品の絵をハガキに描いてくれたこと、そして堀尾さん自身もずっと作品に挑戦し続けている存在であること、それがどんなに励みになったか。そうして、ここまでこれましたと、お伝えしたかった。

手紙を出してすぐに、堀尾さんは2006年の時と同じように、私の作品を描いた絵ハガキで返信をくださった。「どんどんオモシロイことをやって下さい」「又どこかで」と書いてあった。



直接お話しできた機会は少なかったけれど、それでも私にとって堀尾さんは、唯一無二の存在でした。

アートというものが信じられなくなるとき、自分に自信がなくなったとき、疲れ切ってヘコたれてしまいそうになるとき、ニコニコ笑って面白がってくれた姿、誰よりもパワフルに発表を続ける姿に、勇気をもらってきました。

堀尾貞治さんとその作品は、強くて優しくて、自由で、とにかくカッコいい。


まだ思いを整理することはできません。

ただただ、堀尾さんからこれまでいただいたモノたちへの感謝と、心からの哀悼の意を表します。



- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hikino-maho.com/trackback/1426683
この記事に対するトラックバック