HIKINO MAHO--blog




 
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 映画鑑賞 | main | 映画 >>

2015年決算

2015年の振り返りをちゃんとやろうと思いながら、ついに2月。
今さらですが、2015年スッキリ決算させます!

・・・・
振り返ってみると、この月は一体何をしていたんだろう。。という期間も無くは無かったですが。まあ私のペースで順々に回っていった感じだと信じたい。

一年前にNYから戻って、二年ぶりの日本での生活、7月には30代に乗り上げ、色々と「やばい」と思うタイミングもあって相変わらずハラハラしつつ一年が過ごせてよかったです。

仕事が決まらず、ウダウダ言っていた頃から、薄情なもので、仕事が決まってからめっきりブログを書かなくなり。
「結局どうなったんだ」というツッコミを(大分前に)頂いていたので、あらためて書いておきますと、今はいい感じの会社に勤めておりまして。とても自由で楽しい仕事を、安定した環境でやっております。最高です。
あと自分の会社も立ち上げたので、それにも昔からのご縁で、安定したお仕事頂いてます。

いやほんと、仕事楽しいし、かといって変なプレッシャーないし、「三週間海外行くんで休みます」を入社して半年で3回もやりましたけど、快く「いってらっしゃい」って言ってくれる上司に恵まれて本当に感謝です。PCとネットさえあれば、自分の会社の仕事があって収入があるので、長期で海外に行っても死ぬことはありません。

東京に戻ってから最初は「オフィスカジュアル」目指したけど、早々に諦め、今は適当に、相変わらず好きな格好してます。勤めてる会社は、それが許されるよい会社です。入社してから知ったんですけどいわゆる「業界最大手」と呼ばれる大きい会社だったみたいで、なんかマッサージ師さんがいたり、福利厚生ちゃんとしてます。
高層ビルからオフィス街と東京湾を眺めながら仕事をして、お昼休みは社員証ぶら下げてOL的なランチタイムする日が来るなんて、人生何があるかわかりませんな。

というわけで、このまま心地いい日本に居続けようかなと思う時もありますが、5月の大きな展示を目安に、次のステップに身を振っていきます。


今の仕事にしても、決まるまでは本当どうしようと思ってました。ちょいちょい長期で海外行きたいし、やりたいこともあるし、やりたくない仕事はしたくないし、つかそのうち辞めるし、かといって能力に見合わない給料で働くのは絶対に嫌。
そういう要求を通すためには、そういう要求が通らない会社にも行って、冷たい目で見られ、要りませんと言われ続ける、先も見えず、悲しい思いもしました。

あまり人に言ってないですが、マジでお金が足りないのでこの年齢になって(!)、工場で夜勤を初めてしました。昼間はオフィスに行き、夜は朝まで工場で立ち仕事、終わってそのまままたオフィスに出勤する、プラス、家に帰れる日は自分の会社の仕事という、ちょっと頭がおかしい日々でした。初めて工場ってところで働いてみて(印刷工場)、思ったより仕事が難しくて、久々に人に怒鳴られました。「やべー」っていうのをしました。そして私はすでに「若いので許される女の子」ではないのだということを、身に染み込まされました(言われた訳じゃなくて自分が感じた)。普段出会うことの無い、色が濃くて面白い人間にいっぱい会いました。でも結局全て含めて、私は消化し、ちゃんと乗り越えました!いい経験になりました。もう行かないけど!

今は、自分の要求がほぼすべて満たさせる環境に居られます。

周りの人に感謝するとともに、自分のやりたいことを、分かってくれる人が、どこかに絶対に居るということが分かりました。
逆に、自分の要求を通すためには、その過程で悔しい思いや不安をを必ず味わなくちゃいけないし、人を不快にさせたこともあったと思う。でも世間は世知辛いとか、日本はツマラナイ社会だとか・・・そういうのは会話の弾まない人との潤滑油的な話のネタでしかなく、それ以上にはならない。ただ自分が、どうしたいかを言えるか、言わないか、どこにいたって、それだけだと思います。

帰ってすぐのころは「NYと違う」ことにいちいち引っかかる部分も多く、「シフトチェンジ」するのに少し時間が要りましたが、今は、日本と海外を行ったり来たりする自分の生活と精神的なリズムも整えつつあります(経済的にはまだ難ありですが)。


2月は3週間NYに行ってまいります。
NYから離れて一年、NYの仲間と頻繁にスカイプしてまた面白いこと考えたり、一年に3回も会いに行ったりできるのは、有難いことです。まあたった一年でも、時間の流れは速く、色んなことが変わっていくのが寂しいときもありますけど。

でも会いたい人が、呼んでくれる人がいる限り、私はどこでも行きます。

あえてこの一年で、良くなかったことを書くと、最近お財布のひもが緩んじゃって、NY時代とは比べ物にならない感じでお金を使ってることです。欲しいものがいっぱいあってしかもすぐ買えちゃうのが日本の良くないところです!そしてその辺の計算が、いつまでたっても自分に対しては甘々であるのは良くないことです。。
あとは歯医者がいつまでたっても終わらないことです。これはこの一年がどうということではなく数年の行いが祟っているんですが。この一年、毎週行ってます。


一年あっという間に過ぎるということはまだありません。
2015年の一年間、必死に過ごせたこと、色んな人に出会えたこと、再会できたこと、心に残る対話があったこと、忘れたくないです。また2016年も目標達成のため、種を蒔き(書類を書くand人に会う)、水をやる毎日を、かけずり回りたいです。


1月頭 NYから帰国、とりあえず実家に戻ってみる、
    2月の個展、3月末シアトルの展示の準備、ライフライン(携帯とかPCとか)の整備
1月末 東京、姉と旦那さんと子供たちと一緒に住み始める、
    行政的な手続きを色々、起業のための準備、個展の準備、家でごろごろしている
2月末 西荻窪で個展、久々に頭を使った感じがする
3月頭 三上晴子氏追悼式
3月末 人間ドックに入る
3月末 展覧会のためシアトル、ついでにバンクーバー、NYと、一か月ほど渡米
4月末 帰国
5月中 結局、自営業だけでお金がもたないと焦り始めて、履歴書と面接の嵐、
5月末 兵庫県立美術館のミーティングに出向く
6月頭 仕事が決まる、工場で夜勤をしつつ昼間もオフィスで働いている、
    のせでんの展示がきまる
7月頭 スケジュールがおかしいのでちょっと頭もおかしくなり始める
7月末 LAに遊びに行く、ついでにニューヨーク、三週間
8月頭 帰国
8月中 平和に仕事をしたりしている、
    「のせでんアートライン」の下見に行ったりもしている
8月末  長野に小旅行、携帯壊れる→丸一ヶ月携帯ない生活
9月中  のせでんアートラインにむけて作品制作を粛々と進行

10月頭 のせでんアートライン始まる、
     12月頭まで平日東京←→週末関西の往復の生活
10月末 アムステルダム、ウィーン、ザルツブルグへ10日ほど旅行
11月末 のせでんアートラインおわる。
     来年の県美の展示に向けて書類作成、作品プランを粛々と作成
12月頭 飲み会の帰りに五色山のマンションに泊る
12月中 姉が三人目の出産につき入院、家族総出で母不在の家を守る
12月末 クリスマスに実家に移動、ちょっと体調が悪いまま年を越す

1月頭 大井町に三週間一人暮らし、大井町に恋をする
2月頭 一か月ニューヨークへ行く予定
日々の徒然。 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hikino-maho.com/trackback/1426667
この記事に対するトラックバック