HIKINO MAHO--blog




 
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 目頭 | main | 同じようなこと言うけど >>

腹が立つこと

誰かに対して、
スゴく腹が立ったり裏切られたと思ったりするのは、

それは自分がその人に対して期待してたからだよね。
自分の理想が叶わなかったから腹が立つんだよね。
自分の価値観通りにその人が動かなかったからだよね。

もうなんでやねん!意味分からん!ってどうしようもなく腹が立つのは、
人に期待してるからだよね、自分の物差しで。


大人になって、それぞれがそれぞれに、
これまで生きてきた環境があって、そこに沢山のストーリーをもってる。
そして言葉では出し切れない思いを秘めてる。
どんなに仲良くて、付き合いが長くても、完全に理解することは出来ない。

それなのに
分かったつもりになって、暗黙の了解で、
その人に私の「常識」を押し付けたところで、裏切られたからって
怒っても、その物事は解決しないし、お互いにモヤモヤしたままだよね。
そこに正解なんて無いんだもんね。

彼には彼の正解が有ったんだよね。


NYにいたら、色んな人がいる。
国籍も肌の色も、宗教も、食文化も、財産も、センスも、てんでバラバラ。
英語は多くの人にとって第二言語で、思い通りの意思疎通も出来てない。

そんな街がよく機能するなあって思うじゃん。


人に期待しないっていうと、
ネガティブに聞こえるかもしれないけど、
自分の常識を押し付けないっていうのが大切なことじゃないかな。

色んな人間が居るんだ、「ノーマル」な人間なんて(自分も含めて)居ないんだって。


日本は、そういう意味では、
狭くて閉ざされた国だから(NYに比べたらね)、
お互いにお互いの価値観が似てると信じてそこに依存しても、ある程度は成り立つ。

でも、だから、
子供みたいに、失敗や思い通りにいかないことを、人のせい、社会のせいにするし、
しかもそこに執着する。


他人や社会に問題があるってことにネチこく捕われてたって、しょうがないじゃん。
他人や社会が変わるまで待つわけ?

「自分の」問題に落とし込まない限り、先には進まないし、
問題は一生消えないまま、気持ちのモヤモヤも消えない。


もちろん腹は立つ!
腹は立つけど、冷静になって(ある意味諦めの境地で)、
なんで腹がたってるのかを考えてみれば、
それは「自分が」都合良く期待しすぎた結果でしょ。


問題を解決するには、
「自分が」今どう感じていて、どうしたいか、を考えること、
その時「自分の」価値観の中心が、周りと一緒だなんて、絶対思わないこと。

そして、「自分の」気持ちを人に伝えて、行動すること。


これは別に、いい人になる訓練な訳じゃなく、
自分ににとって生きやすい環境を作るための考え方。
NY | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hikino-maho.com/trackback/1426623
この記事に対するトラックバック